太陽光発電は元が取れるか?という疑問を超わかりやすく解説してみた

image180

どうも、西嶋です!

最近よくいただく質問の一つとして、「太陽光発電は本当に元が取れますか!?」「後悔はしたくないので、そこだけハッキリさせたいです!」というものがあります。

やはりみなさん、これは気になりますよね~

太陽光発電は、けっして安い買い物ではないので当然です。

というわけで、住宅用の太陽光発電業界を20年以上見てきた私が、この疑問の答えを全てこの1ページに書き記すので、今から8分以内にあなたにはすべてを理解してもらいます。

 

2018年現在、元を取ることはもちろん可能

はい、とりあえず、元を取ることは可能、これをはじめに述べておきます。

なぜこのように言えるのか、実際に太陽光発電を導入した家庭の様子や、太陽光発電業界を取り巻く現状、そういったものを踏まえて説明していきましょう。

 

おおよそ10年で元が取れるのが一般的

2018年に太陽光発電を考えた時、おおよその目安となるのが「10年」という数字です。

というのも、現在の太陽光発電の相場価格は、1kWあたり30万円前後となっています。

一般家庭では、4~5kWくらいの容量が平均的ですので、導入費用は120万円~150万円となりますね。

では次に、太陽光発電を導入することで、どれくらいの「利益」があるのか見ていきましょう。

実際に数字で示すのが一番わかりやすいので、こちらの「A邸」の発電状況をご覧ください。(※A邸のデータを提供いただきました)

  売電収入① 光熱費削減② 利益(①+②)
2015年11月 15,208円 598円 15,806円
2015年12月 9,620円 1,124円 10,744円
2016年1月 14,216円 1,221円 15,437円
2016年2月 13,085円 532円 13,617円
2016年3月 16,984円 131円 17,115円
2016年4月 11,425円 898円 12,323円
2016年5月 16,893円 611円 17,504円
2016年6月 16,230円 528円 16,758円
2016年7月 11,578円 974円 12,552円
2016年8月 13,164円 1,823円 14,987円
2016年9月 17,265円 574円 17,839円
2016年10月 13,668円 771円 14,439円
年間合計 169,336円 9,785円 179,121円

光熱費削減っていうのは、太陽光発電を導入する前の年と導入後の光熱費の差をとったものです。

このようにA邸では、2015年11月~2016年10月の1年間で、合計179,121円の利益を生み出しています。

設置容量は4.7kW、導入費用は約1,504,000円なので、およそ8.4年で元が取れる計算となります。

「都合のいいデータを見せてるんじゃないの~?」と思われるかもしれませんが、A邸は、ごく一般的な戸建て住宅です。けっして特別有利な条件があったとかじゃないですよ。

A邸ではこのような実績となっていますが、2018年度に太陽光発電を設置した他のご家庭でも、A邸と同じように早期に元が取れるような収支状況をしっかり確認できています。

遅くとも10年以内に元を取れる、というご家庭がほとんど言って間違いないでしょう。

image181

 

業界の事情はどうなってるの?

このように実際に数字で見てもらったので、「元が取れる」という事実があるのは、お分かりいただけたと思います。

では、太陽光発電の業界事情はどうなっているのか?

まず覚えてほしいのが、太陽光発電の導入費用は年々下がっている、ということです。

たとえば今から7年前、2010年って、太陽光発電の導入費用がどれくらいだったかわかりますか?

答えは・・1kWあたり57万円。

つまり太陽光発電を設置しようと思ったら、200万円以上のお金がかかるのが当たり前だったんです!

それが今では大幅に安くなっていますし、2018年現在も緩やかにですが、導入費用は下がり続けているのです。

「太陽光発電は高い!」というイメージが、確実に変わってきていますよね!

そしてもう一つ無視できないのが、太陽光発電の性能がどんどんレベルUPしている点です。

これはもう当然といえば当然ですよね?

最先端の技術をつかって、より性能の優れた太陽光パネルを追い求めているのですから。逆に、何も進化していない方が困ります。。(笑)

そういうわけでして、現在販売されている太陽光パネルは、一昔前より、1日の発電量も多く確保できます。

国の定める売電単価は年々下がっていきますが、パネルの性能は優れたものになっていますし、導入費用も安く抑えられるようになっているので、決して損はしないように、うまくバランスが取れているんです。

 

ちなみに今後の展望は?

これは少し本題とは話が逸れるので、軽く読み流す程度で構わないのですが・・

今後の太陽光発電の事情が、どうなっていくかというと、売電に頼らずとも、十分「元が取れる」という状況になっていきます。

もはや電力会社から電気を購入して暮らすよりも、太陽光発電を設置した方がお得という、「電気を買うより、太陽光発電の方が安い」そんな時代が当たり前になりますよ。

ちなみに、これをグリッドパリティっていいます。

要するに、こういう事情になっていますから、太陽光発電はこれからさらに多くの家庭で広まっていくと押さえておくべきですね。

 

元が取れないという意見について

では、今度は太陽光発電に対する否定的な意見についてもみていきます。

私自身、無責任に「太陽光発電は元が取れる!」と言うつもりはありません。

せっかく太陽光発電を導入したのに、「後悔する結果になってしまった・・」「ずっと何年間も失敗を引きづる羽目に・・」そんなことにならないためにも、太陽光発電で元が取れないという可能性について考えてみます。

 

そもそも、なぜ元が取れないと言われるのか?

もしかするとあなたは、「太陽光発電は元が取れないからやめましょう!」こんな意見を耳にしたことはありませんか?

私もこれはちょっと気になっていて、例えば、某知恵袋やネット上なんかでは、しばしばこのような否定的な書き込みがありますよね?

ひょっとしたら、このような書き込みを目にしたことで、太陽光発電に消極的になってしまう方もいるかもしれません。私も同じ立場なら、こんな書き込みをみたら、ちょっと不安になりますし・・

ただし、これについて、私個人の意見としては、「まったく気にするべきではない!」と考えているんです。

そもそもこのように「元が取れない」と書き込む人は、たぶん実際はほとんどが太陽光発電を導入していない人たちです。(笑)

というのも先ほど数字で示したように、実際に太陽光発電を導入した家庭の多くが、10年以内に元が取れる、という状況を実現できています。

太陽光は元が取れないからやめておけ、というのは、私から言わせれば、「そんな馬鹿な」って感じです。にも関わらず否定的な声があるため、「太陽光発電は元が取れないものである」そんな風潮が広がっている気がします。

しかし、実際に自宅に太陽光発電を設置した人で、否定的な意見を言う人に私はほとんど出会ったことがありません。(笑)

むしろ大半は、設置してよかったという意見が多いわけですが。

もし本当に、元が取れないという方がいるのなら、
・条件の悪い環境で設置をした
・不要に高い金額で契約をした
こういったことが原因です。

これは、太陽光発電で、「元が取れるかどうか」に関わってきますので、今から説明していきます。

image182

 

生活スタイルによって売電量は少なくなってしまう

これは太陽光発電を導入する前に、しっかりと考えておくべき点ですよ。

というのも、太陽光発電では「売電収入」は、かなり旨みのあるものなんです。

2018年の売電価格は28円ですが、これはまだまだ破格の数値であり、できるだけ多くの売電収入を得ることが早期に元を取るポイントですね。

ということは余剰電力を増やすように心がけること、つまりできるだけ昼間に家庭の電力を消費しないのが重要です!

もし家族の生活スタイルが、昼間に多く電気を消費するものだったら、その分の売電収入は減ってしまうので注意してください。

まあもちろん、昼間にも少なからず電気は使うと思うので、それを踏まえて検討していく必要があります。

 

日当たりや屋根の向きはどうか?

やはり太陽光発電ですから、どうしても環境の影響は受けてしまいますよね。

言うまでもありませんが、影ができてしまう場合とかはかなり危険です。要注意です。

私が知っている中に、明らかに日当たりが悪いという条件に関わらず、悪質な業者に「お宅はそれでも利益が見込めますよ」なんて言われて契約をしてしまったご家庭があります。

そのご家庭は、結局思ったような発電量を得ることができずに、借金だけが残ってしまいました・・

このような悲しい話もありますので、設置する環境はとても重要です。

ちなみに屋根の向きは、西向きや東向きでも全然可能性はあります!が、それでも南向きに越したことはありません。

元が取れるかを確かめるためにも、実際にシミュレーションをしてみましょう。日当たりや、屋根の条件、実際の生活スタイルとかも考えてどれくらい見込みがあるのかを知ることができます。

やはりシミュレーションは、太陽光発電業者にしてもらうの一番なので、一度業者さんにコンタクトをとることで、いい検討材料になりますよ~。

 

意外と多い!必要以上に高い金額で契約してしまうこと

太陽光発電の見積もりは、通常、ある程度高めの金額に設定されることを知っていますか?

本当なら130万円で導入できるところを、それを知らずに160万円くらいで契約してしまったり。実は、こんなことがざらにあります・・

悪く言えば、”ぼったくり”ですね。「そんなことあってたまるか!」と思うかもしれませんが、これは仕方のないことなんです。

太陽光発電の導入にかかる費用は、正確に〇〇万円です!というように、決まっているものではなくて、メーカーとか、設置する容量など、ケースバイケースで変わってきますよね?

それにほとんどの一般の方は、この条件で太陽光発電を導入する場合、だいたい相場費用はこのくらいかな?なんてことはもちろんわかりませんから、基本的に業者まかせになっちゃうんです。

ということは、業者の立場からすれば、やはり10万円でも20万円でも利益が欲しいので、見積もり価格は「とりあえずちょっと高めにしよう」こういう状況になるわけです。

ひどい話になってくると、100万円以上も不要に高く支払ってしまった!そんなケースも珍しくありません。

そうなった場合、当然、元を取ることは難しくなるし、大金を失ってめちゃくちゃ後悔・・なんてことになりかねませんので注意したいところです。

 

確実に元を取るためにすることは?

さてここまでは、太陽光発電は元を取ることはもちろん可能です!だけど、そのためには気を付けることもある。という話でしたね。

特に、導入にかかる費用、これをいかに安く抑えるかがポイントです。

ではこれから、導入費用を最小限に安く抑えて、確実に元を取るために絶対にやるべきこと、を説明するので、今一度、集中してください。

image183

 

1社のみに頼るから危険なのだ

さっきも言ったように、太陽光発電の見積もりというものは、基本的に割高になる可能性が高いです。

だったら、たった一つの販売業者だけに頼るのは、ひじょ~に危険だと思いませんか?

たとえ相手が、「これは超お買い得価格です!」なんて言ったとしても、果たして信用していいものかどうか・・

もしかしたら、もっと安くしてくれる業者があるかもしれないし、さらにもっと満足度の高い業者があるかもしれない。

しかし1社だけに頼ってしまっては、判断材料も何もありませんよね。

これは裏事情としては有名な話なんですが・・

販売業者側は、お客さんが自社の見積もりしか取っていないとわかったら、かなり強気に価格設定するそうです。逆に他社の見積もりも検討している場合は、ヘタに高い金額を提示しすぎると他者に契約を持ってかれてしまうので、ある程度の値引きは覚悟の上で交渉すると聞きました。業界ではこれが徹底されてるようですね。

そんなわけで、太陽光発電で後悔する結果として一番多いのが、「1社のみの見積もりをするべきではなかった!」というのが、もう本当に多いんです^^;

必ず!最低でも2社以上から見積もりを取ってみる、これが重要なポイントです。

 

無料一括見積もりを利用することが最も確実!

導入費用をできるだけ安く抑えて、いち早く元を取るための方法として、無料一括見積もりを利用することが最も確実です。

これは何かというと、複数の太陽光発電業者の中から、同時に2社以上の見積もりを取得できるものです。

そして私が特におすすめしているのが、No.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】という無料一括見積もりサイトです。

タイナビは業界でも非常に評判が高く、厳選された太陽光発電の優良業者の中から、一括で見積もりを取ることができます。

これまで多くの人たちが、タイナビで複数社の見積もりを取ったことで、かなり安い金額で導入することに成功して、いち早く元を取れる状況なんですよ。

タイナビのいいところは、かなり厳しい基準で太陽光業者を選んでいて、さらに圧倒的なブランド力もあるので、登録されている業者が、もはや優良業者しかいない点です。

普通、太陽光発電を導入する時って、「ちゃんと元が取れるかな~?」とか「しっかりした工事をしてくれるだろうか?」など、不安に思うこともあるはずです。

しかしタイナビを利用することで、「明らかに他で見積もりを取るよりも安い」というような状況になってくるため、遅くとも10年以内には元を取れるし、それ以降は、光熱費の負担も考えなくていい、みんなが羨むような生活が待っている!このように不安とは真逆の中、太陽光を設置できるんです。

さっきも言ったように、複数の業者から見積もりを取ることで、業者同士は勝手に競い合って価格を下げていきます。

さらにタイナビには優良業者しかいないので、その中から比較して、1番良い業者を選べばいいんです。

これをすれば、「太陽光発電で元が取れない」なんてことは、まあ、まずありえないです。

なのでタイナビを利用することが、現状もっとも確実な方法として知られています。



 

最後に

ここまで、太陽光発電は元が取れるかどうか?そして確実に元が取れる方法を解説してきました。

結論をいうと、正しい知識さえもっていれば、「太陽光発電で元が取れない」ということはありえません。

私が実際にタイナビを利用した時の体験談はこちらの記事でお話ししています。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

これから太陽光発電を導入する方へ

正直に言うと今の太陽光発電業界は、
表には出てこないの一面があります。

というのも、太陽光発電を導入する際、
多くの人は設置費用をぼったくられてしまうのです。

あなたも何も対策をしなければ、
おそらく20万~30万は損をすることになるでしょう。

太陽光発電業界の健全化のため、
そして一人でも多くの人が
後悔しなくてよかったと思えるよう、

ここでは最安値
太陽光発電を導入する方法を教えます。

 

私は自宅に太陽光発電を導入する際に、
タイナビという無料一括見積もりを利用することで、

100%損することのない設置に成功しました。

そのときの体験談を公開しますので
太陽光を設置する前に必ずご一読ください。

>>西嶋の絶対に損をしない設置までの道のり【体験談】


太陽光発電で後悔しないために、
依頼する”業者選び”が最も重要となります。

ここで紹介する業者選びの
4つのポイントを知っていれば、

失敗するリスクは極めて低く、
最安値での導入ができます。


「太陽光発電なんて高すぎる」
「わざわざ設置する必要あるの?」

と思う方もいるかもしれません。

しかし実際は、”今”だからこそ
太陽光発電を設置するメリットが満載です。

その理由を西嶋の視点で解説するので
設置するか迷っている方は必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です